相馬アユ美(ききょう提督) のポートフォリオ

そうまあゆみのポートフォリオ

この度は当ポートフォリオをご覧いただき、ありがとうございます。

茨城在住のフリーランス 相馬アユ美(ききょう提督)と申します。

2024年1月1日、開業届を提出し、Webライター✖︎オンライン事務の個人事業主として活動中です。

私自身のことや今までの実績等の記録を紹介します!

記事制作サービスに関する情報

執筆可能なジャンル

今までに報酬をいただいた執筆ジャンルは、以下のとおりです。

  • IT:レンタルサーバー、IT製品、ECサイト
  • 学習:Webライティングスクール、国家試験
  • エンタメ:VODサービス、ゲーム配信、ゲーム
  • 医療分野:美容、歯科
  • 金融:金、投資

現在、「執筆ジャンルに関わらず記事制作を任せられるWebライター」を目指して活動しています。対応可能なジャンルを今後拡充していきます。

参考単価

※2024年5月21日現在

・文字単価:1.5円~2.0円

構成費:2,500円~3,000円

を頂いております。詳細はご相談くださいませ。

納品可能本数

※2024年5月21日現在

構成済み記事場合:3,000文字記事であれば5本/月程度可
構成+本文の場合:3,000文字記事であれば3本/月程度可

以上はあくまで目安です。詳細はご相談くださいませ

使用可能なツール

使用可能なツールは、以下のとおりです。

  • Microsoft Office 365
  • Googleドキュメント
  • Googleスプレッドシート
  • WordPress
  • Discord
  • Slack
  • ChatWork
  • Zoom
  • Canva
  • ラッコキーワード
  • Ubersuggest無料版
  • ruri-co(るりこ)
  • コピペチェックツール

入稿方式

WordPressでの入稿可能です!今までに入稿実績があるテーマは下記のとおりです。

  • cocoon
  • SWELL
  • JIN:R

サンプル記事

当ブログカテゴリ「サンプル記事」をご参照ください。

ライティング実績

※クライアントに実績利用許可を得たサイトのみ掲載しております。

サイト掲載記事

Mojiギルド 様(記名記事)

複数執筆したため、一部のみ掲載いたします。

https://moji-guild.shingari.jp/article/10001595
https://moji-guild.shingari.jp/article/10001783
https://moji-guild.shingari.jp/article/10001696

Picoweb 様

https://pico.inc/web/wpx-speed
https://pico.wpx.jp/quicca-plus
https://pico.inc/web/ninja-homepage

未経験からWeb系フリーランス 様

https://fikaweb.jp/freelance/writing-school

今まで書いてきた他記事の概要

非公開記事については、概要を抜粋してまとめます。

  • IT製品に関するSEO記事+構成作成:14記事
  • IT製品に関する構成作成のみ:1記事
  • ゲーム配信に関するSEO記事:1記事
  • 美容医療に関するSEO記事:1記事
  • 美容医療に関する構成作成のみ:3記事
  • 学習分野に関するSEO記事+構成作成:1記事
  • ファッション分野に関するSEO記事+構成作成:1記事
  • 国家試験分野に関するSEO記事:3記事
  • VOD(ビデオ・オン・デマンド)に関するSEO記事+構成作成:2記事
  • 金融に関する分野の記事執筆:2記事

キーワード選定について

メディア様の「キーワード選定」の業務も承りました。詳細は記載できませんが、以下のツールを使用しました。

  • ラッコキーワード
  • ruri-co(るりこ)
  • Googleキーワードプランナー
  • Ubersuggest

ブログ

今まで無料ブログやSNSでたくさんのアカウントを作成してきましたが、現在運営しているブログは以下のとおりです。

note

ききょうの色違いポケモンブログ【改二】

こちらのブログでは、

  • Google Adsense
  • Google Analytics4
  • Googleサーチコンソール
  • A8.net
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazonアフィリエイト

を導入しております。

お客様の声

クライアント直案件

クライアントから頂いた評価は、以下のとおりです。(※掲載許可を得ています

クライアントとは信頼関係を構築するために、以下のことに気をつけています。

  • こまめな報連相
  • 遅くとも1時間以内に初動返答をおこなう
  • クライアントの作業の手間をかけないため、納品時には重点的にチェックをおこなう

クラウドワークス

クラウドワークス内での評価は以下のとおりです。

全てのお客様に対し誠心誠意対応しているため、受注実績:23件に関して総合評価はMax5.0です。(2024年2月現在)

直接のご依頼は、下記「お問い合わせ」か、X(https://twitter.com/Admiral_kii)よりお願いいたします。もし、直接依頼することに不安がある方はクラウドワークスからも受注可能です。

心がけていること

当方がWebライティングを行うにおいてのポリシーは、「読者ファースト徹底」です。

いくらSEO上位表示をしても、固定読者がついてくれないことには意味がありません。読者の皆様が読みやすく、また共感できる記事作りを心がけています。

また、他に心がけていることは以下です。

  • 納期は遅くとも1週間(5営業日)以内
  • クライアントとの密なコミュニケーション、”報告・連絡・相談”をスムーズに行う
  • クライアントの要望+@の価値(オリジナリティを一部入れております)

経歴

高校卒業後に専門学校へ進学も、家庭の事情で半年で中退。その年の11月に関東の卸売会社で貿易事務職として5年間勤務しました。その後、2014年から某研究所のアシスタント職として現在も働いています。

高校でたくさんの資格を取得しました。

  • 全国商業高校協会主催検定 6種目1級…プログラミング、ビジネス情報、英語、電卓、ワープロ、簿記(原価計算・会計)
  • 日本漢字能力検定 準二級
  • 実用英語技能検定 準二級

そして、2022年9月より副業を開始。「クラウドワークス」に登録し、データ入力・簡単なライティング業務を担当。

2022年10月より、現在もお世話になっているクライアントとの直接契約を結びました。2023年4月に、「副業Webライター」として業務受注を開始。

そして2024年1月、個人事業主になりました

現在の受注可能案件は、以下のとおりです。

  • SEO記事の構成作成・執筆
  • SNS運用代行、マーケティング
  • オンライン事務 業務全般

フリーランスデータベースWantedlyにも登録しております。

https://www.freelance-jp.org/talents/26220
https://www.wantedly.com/id/ayumi_souma

お問い合わせ

記事執筆のご依頼・ご質問等は、下記お問合せフォームからご連絡ください。

【初参加】戦略MGは難しいが楽しい!会社経営が体験できるゲーム

こんにちは。今回は、ライティングの型をあまり使わない体験記になりそうですが、”過去の自分”に向けて書いてみました。

「戦略MGってなんだろう?」

「EXTAGEWORKSに参加してみたけど、戦略MGって何を得られるんだろう?」

と気になっている方は、一度この記事を読んでいただけると嬉しいです✨

そもそも「戦略MG」とは

「戦略MG(マネジメントゲーム)」とは、ソニー株式会社で開発された経営者育成ゲームです。40年以上の歴史があり、ソフトバンク株式会社の孫正義氏をはじめとした経営者も受講しています。

今回、私はEXTAGE株式会社が運営しているオンラインサロン「EXTAGEWORKS」から参加をしました。もともと金額が高めでしたが、初回参加は無料のためお試しがてらやってみようと思い立ったのです。

遊び方について

  1. 1つのテーブルにつき、プレイヤーは4~5人。プレイヤーには専用の用紙が配布される。
  2. プレイヤーの卓上にはゲームに使用するコマを置くシートが置かれており、ゲームの開始とともに「ルールB」で書かれているチップを購入することができる。なお、会社の1年目(1期目)の資本金は300万円もらえる。
  3. 時計回りの順番で、プレイヤーが1枚カードを引く。青のカードには「意思決定」か「リスクカード」と書いてある。リスクカードを引いた場合は、追加でオレンジカードを引きその中に書いてあるリスク(火事・リストラなど)のペナルティを受ける。
  4. 25~30分間で、3番を繰り返す。
  5. 時間になったら、専用の用紙内に決算報告として任意の数字を記入していく。

実際にどうだったか

1日で3期分(3年分)プレーしましたが、とても難しい・・・。ゲームの最初に自分が運営する会社の名前を付けれるのですが、我が社「ポテト物産」は赤字続きで社員に逃げられるんじゃないか?という気持ちになりましたww

戦略MGは、何回も参加することにより、「経営」や「人間」が学べるそうです。私は個人事業主のため、経営の知識も必須だと思っています。

また、同じテーブルだった皆様だけでなく、その日に参加した方々とXを通じ交流することができるため、人脈形成にも繋がるゲームです!

2回目の参加もぜひしたい!まずは参加費用を貯めるところから・・・。

コンビニのフライドポテト徹底比較12選【ホットスナック選びはこれで決まり!】

フライドポテト ホットスナック

あなたは、

  • コンビニエンスストア(コンビニ)のレジ横にあるホットスナックであるフライドポテトが食べたい
  • コンビニのフライドポテトの種類が知りたい
  • 近所のコンビニのフライドポテトは何が売っているのか

 このようにお考えではありませんか?

ホットスナックのなかでも、フライドポテトは低価格かつ腹持ちの良さでコストパフォーマンスが高いです。

しかし、コンビニのホットスナックコーナーにあるフライドポテトの種類は多くあります。

筆者はコンビニだけでなく、さまざまな店舗のフライドポテトを食べてきました。

この記事で「どこのコンビニにフライドポテトが売っているのか」「どのような種類があるのか」がわかります。

以下の3つの章で説明します。

  1. コンビニでフライドポテトを買うときの注意点
  2. 大手コンビニのフライドポテトを徹底比較
  3. コンビニのフライドポテトを徹底比較~番外編~

この記事を読み、コンビニのフライドポテトの種類や味をチェックしましょう。

コンビニでフライドポテトを買うときの注意点

コンビニのフライドポテトを買うときには、以下の点について注意が必要です。

  • 以前は売っていたが今はない商品もある
  • 売っていない店舗がある
  • 早朝と夜間はない場合が多い

それぞれ説明します。

以前は売っていたが今はない商品もある

ホットスナックのなかでも、フライドポテトの商品ラインアップは目まぐるしく変わります。そのため、ついこの間まで売っていたのにもう売っていなかった、ということが起こります。

無性に食べたいときは、買いに行く前にコンビニの公式サイトで調べることがおすすめです。

売っていない店舗がある

大手コンビニでも、店舗によっては食べたいフライドポテトの商品が売っていない場合があります。フランチャイズ契約により、ホットスナックを含むどの商品を入荷するかは、店ごとの判断になるためです。

コンビニの公式サイトでは、地域ごとに違うと書いてあってもどの店舗にどのフライドポテトが売っているかまでは記載されていません。

ほかの用事でコンビニを訪れた際に、事前に商品ラインアップをチェックしてみるとよいでしょう。

早朝と夜間はない場合が多い

早朝や夜の時間帯は、フライヤーとよばれる揚げ物を調理する機械が稼働していない場合があります。または、よく売れる主力商品のみホットスナック棚に置いている場合も。

コンビニのフライドポテトは、およそ昼間や夕方前に置いてあります。おやつの時間や仕事終わりに寄ってみましょう。

大手コンビニのフライドポテトを徹底比較

大手コンビニ4社のフライドポテトを、以下のポイントで比較しました

  • 価格帯(税込価格)
  • 食感
  • 食べた感想

それぞれ解説します。

セブン-イレブン

ギザギザポテト(しお味)の画像

セブン-イレブンは、日本で一番店舗数が多いコンビニの代表です。

2023年11月現在、「ギザギザポテト(しお味)」と、地域・店舗限定で「ハッシュポテト」の2種類が販売されています。

ここでは筆者が実食できた「ギザギザポテト(しお味)」のみ食べた感想を解説します。

ギザギザポテト(しお味)

  • 価格帯:330円(税込)
  • 食感:サクサク
  • 形:クリンクルカット
  • 食べた感想:揚げたてを提供されたためか、噛んだ瞬間サクサク、中はホクホクで美味しかったです。しお味とのことですが、さほど塩気を感じませんでした。

ハッシュポテト(地域・店舗限定)

  • 価格帯:筆者の地域では食べられませんでした。
  • 食感:筆者の地域では食べられませんでした。
  • 形:ハッシュドポテト型

ファミリーマート

ファミリーマートは、セブン-イレブンに続く大手コンビニのひとつです。

2023年11月現在、「ころじゃが(うま塩味)」と「ハッシュドポテト」の2種類が販売されています。

ころじゃが(うま塩味)

  • 価格帯:198円(税込)
  • 食感:カリ、ホク
  • 形:じゃがいもぶつ切り
  • 食べた感想:筆者が食べたときには揚げたてだったため、外側はカリカリ、中はほっくりしていて美味しかったです。うすしお味でしたが、それほどしょっぱくなくじゃがいもの味がしっかりと感じられました。

ハッシュドポテト

  • 価格帯:128円(税込)
  • 食感:ジュワッ
  • 形:ハッシュドポテト型
  • 食べた感想:厚みがしっかりとあり食べごたえがありました。

ローソン

ローソンでは2023年11月現在、「ハッシュドポテト」と「ホクポテ 北海道男爵」の2種類が販売されています。

しかし、「ホクポテ 北海道男爵」のほうは販売店舗が大変限られています。店舗を数店回ってみましたが販売されておらず、実食ができませんでした。

そのため、ハッシュドポテトのみ感想を掲載します。

ハッシュドポテト

  • 価格帯:140円(税込)
  • 食感:カリ、ホク
  • 形:ハッシュドポテト型
  • 食べた感想

ホクポテ 北海道産男爵

  • 価格帯:203円(税込)
  • 形:じゃがいもぶつ切り

ミニストップ

左から:Xフライドポテト、フレンチフライポテト、ケイジャンポテト

店舗数は少ないものの、コンビニフライドポテトの代名詞であるミニストップ。

2023年11月現在、フライドポテトのみの商品は3種類です。ほかにも、ガーリックシュリンプとセットになった「ガーリックシュリンプ&チップス」があります。

以前はフライドポテトのお供にケチャップが添えられていましたが、現在は21円(税込)で販売しています。「味変」をしたい方は、一緒に購入するとよいでしょう。

Xフライドポテト

  • 価格帯:292円(税込)
  • 食感:サクサク
  • 形:アルファベットの「X」の形
  • 食べた感想:口にいれた瞬間「カリッ」としておりますが、噛めば噛むほどジューシーなじゃがいもの味わいを楽しめます。

フレンチフライポテト

  • 価格帯:292円(税込)
  • 食感:しっとり
  • 形:細切り
  • 食べた感想:細さは、マクドナルドの「マックフライポテト」を若干細くしたような幅です。カリカリというわけではなく、少々しなっとした食感です。

ケイジャンポテト

  • 価格帯:292円(税込)
  • 食感:カリザク
  • 形:ストレートカット
  • 食べた感想:ケイジャンポテトは辛いイメージがありましたが、程よいスパイシーさでした。管理人は辛いものが非常に苦手ですが、辛いのは口にいれた一瞬のみで、スパイスが効いていて美味しかったです。

コンビニのフライドポテトを徹底比較~番外編~

この章では番外編として、

  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ

のフライドポテト商品について解説します。

セイコーマート ホットシェフ

セイコーマートは、北海道を中心に、埼玉県と茨城県に出店しているコンビニです。

セイコーマートのフライドポテトは頻繁にラインナップが変更されます。2023年11月現在は、「道産ポテトのフライ」のみ販売されています。

 道産ポテトのフライ

  • 価格帯:224円(税込)
  • 食感:ホクホク
  • 形:皮付き、ぶつ切り
  • 食べた感想:「道産ポテトのフライ」自体もたびたびリニューアルされており、じゃがいもの品種にもこだわっているそうです。今回実食したポテトは、たいへん甘い半面、あら塩が振りかけられているので時々しょっぱさも感じられました。たいへん美味しかったです。

 デイリーヤマザキ ハッシュドポテト

大手コンビニほど店舗数は多くないものの、店内で焼いたパンや31(サーティーワン)アイスクリームのアイスが販売されている「デイリーヤマザキ」。

2023年11月現在、「ハッシュドポテト」が販売されています。

  • 価格帯:128円(税込)
  • 食感:カリ、ホク
  • 形:ハッシュドポテト型
  • 食べた感想:店頭に置いていなかったため店員さんに作っていただきました。揚げたてのハッシュドポテトは、外側はカリカリ、中はジューシーで美味しかったです。

コンビニホットスナックはフライドポテトを食べてみて

結論としては、コンビニホットスナックはフライドポテトをおすすめします。

ホットスナックのなかでも、フライドポテトは低価格かつ腹持ちの良さでコストパフォーマンスが高いためです。

コンビニフライドポテトは以下の店舗で購入できます。

  • セブン-イレブン:ギザギザポテト(しお味)、ハッシュポテト(地域・店舗限定)
  • ファミリーマート:ころじゃが(うま塩味)、ハッシュドポテト
  • ローソン:ハッシュドポテト、ホクポテ 北海道産男爵
  • ミニストップ:Xフライドポテト、フレンチフライポテト、ケイジャンポテト
  • セイコーマート:道産ポテトのフライ
  • デイリーヤマザキ:ハッシュドポテト

それぞれのコンビニで豊富な種類のフライドポテトを販売しています。

少しお腹がすいたときや無性に食べたいときに、ぜひ立ち寄ってフライドポテトを買ってみてください。

自分の「文章力」について

こんにちは。ききょう提督です。

転職活動は終わりにし、「副業Webライター」として頑張ることに決めました。今の自分に足りないものを考えた所、「文章力」が圧倒的に不足していることがわかりました。

そこで今日は、これから頑張って取り組むことをまとめようと思います。

課題について

とある記事の執筆・初回提出が終わり、フィードバックをいただきました。

あまりに「PREP法」の型や、自分の予定などを意識しすぎて、今まででも酷い文章になってしまいました。正直かなり凹んでいます。

そこで、課題を以下にまとめてみました。

無理なPREP法

Webライティングに必須な技法である「PREP法」。今までいただいたフィードバックでも、常にPREP法を意識することが記載されていました。

しかし、あまりに意識しすぎて、「型」だけとなってしまい、結論(P)と理由(R)が結びついていないおかしな文章になってしまいました。

見直し不足

執筆した文章は書いてすぐ提出せず、丁寧な見直し・読み直しが必要です。しかし今回は、転職活動の傍らの受注だったため、見直しまでの時間が取れませんでした。

その結果、おかしな文章に気づかないままディレクターへ提出となったのです。

見出しの設定について

見出しあっての本文ですが、今回は見出し=結論という本文になってしまいました。例えば、以下の見出しについて。

  • メリット
  • デメリット
  • できること

設定した見出しの文言が、必ずしもユーザーが得られる結果ではありません

執筆の前に提出した構成も、ユーザー(読者)設定をおろそかにしたまま、スピードのみを意識してしまいました。

その結果、見出しの次に書く本文の結論がおかしなことに。

コピペの多用

これはWebライターとして一番やってはいけないことです。商品説明にコピペを多用してしまいました。

一部を変更するなど見直しを丁寧にしていれば防げたことです。

課題に対する今後の対策

今回のライティングを通し、自分の課題が浮き彫りになりました。

そこで、今後の対策を以下に示しました。

初心忘るべからず

私がWebライターになるきっかけは、「書くことが楽しいと気づいた」ため。そして、自分が書いた文章が世界中の誰かの助けになれたらいいなという気持ちです。

つまり、読者がいてこそ成り立つ物書きです。その読者を置き去りにした文章は、当然受け入れられません。

まさに「初心忘るべからず」

常に読者ファーストの記事づくりを目指すこと。そのことを忘れないようにと再認識しました。

文章力向上につとめる

この数日、たくさん考えました。

文章力を上げれば、書くことが苦痛にならなくなります。そこで、文章力を上げる練習を以下にまとめました。

納品するサイト内の既存記事の研究

私が現在執筆しているジャンルは「レンタルサーバー」。ですが、書いている本人はレンタルサーバーのレの字も知らない状態でした。

商業高校かつ情報処理の学習は行っていたのですが、レンタルサーバーは今まで勉強したことがありません。とはいえ、勉強方法も分からなかったので、まずはすでに入稿されている他のライターさんが書いた記事を参考にすることから始めました。

マニュアルは読み込んでいるとはいえ、実際にどのような文を書けばよいのかの教科書は既存記事です。

既存記事を5つほどピックアップ。比較検討をし、現在自分なりのライティングマニュアルを制作しています。

読書

納品するオウンドメディアだけでなく、他のライターさんが執筆しているサイトや書籍を読むことも始めました。

Webライターは沢山おり、個々によってトンマナや文章力は違います。

就寝前の10分~20分に、電子書籍を読んでいます。

写経

もともとタッチタイピングは得意だったのですが、30分に何文字入力できるかをはかるために始めました。

また、写経を行うことにより、ライターさんそれぞれの文章の書き方をなんとなく意識できます。今のところ、30分間に平均4000文字は執筆できているようです。

まとめ

2023年4月にSEOライティングを始めてから5ヶ月になります。技術習得や向上心はとても大事ですが、その前に「読者に質の高い記事を提供できるライターになる」ことが、今の自分の大きな目標です。

今回学んだ反省点を、現在執筆している記事に活かしたいです。

それでは、今回はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました。